パルマAC ユニフォーム

チーム パルマAC
メーカー アンブロ、プーマ、ロット、チャンピオン、エレア
カラー イエロー
サイズ S, M, L, XL, XXL
主な選手 中田、ゾラ、インザーギ、カンナバーロ

セリエAが全盛期を誇った90年代~2000年代前半にはビッグ7の1つに数えられ、日本代表の中田英寿も10番を背負ってプレーしたパルマACのユニフォーム買取ページです。2015年に財政難のためチームは消滅し、現在はSSDパルマ・カルチョ1913としてセリエDに所属しております。

ユニフォーム買取に関するご依頼、ご質問は「無料買取査定」専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

無料買取査定

高価査定のポイント

Pocket

最近ではパルマの名前を耳にすることはなくなりましたが、
セリエAが世界最強だった1990年代はACミラン、ユベントスには及ばないにしても
その次のグループに属するチームの1つでした。

チームにはゾラ、アスプリージャ、ストイチコフ、クレスポ、インザーギ、
アルメイダ、ベロン、オルテガ、テュラム、パヌッチ、カンナバーロなど
誰もが知っている一流の選手が所属しており、UEFAカップウィナーズカップ、
UEFAカップ、UEFAスーパーカップとタイトルも獲得しています。

当時のホーム用ユニフォームは白を基調としており、
メーカーは90年代前半がアンブロ、後半がプーマ、ロットと変更されました。

日本代表の中田英寿選手が加入した頃は
チャンピオンになり黄色と青の横縞のデザインとなっております。
このユニフォームは現在もオークションや中古ショップでよく見かけます。

高価買取が可能なユニフォームはパルマ全盛期時代のアンブロ、プーマ、ロットです。
チャンピオンも比較的人気ですが、ホームは流通量が少し多いため
長袖、もしくはアウェイの白だと高額査定が出やすいです。

有名な選手のマーキング入り、新品タグ付、選手用、パッチ付きなどの
条件がプラスされるともちろん査定額UPの対象となります。

ユニフォーム買取に関するご依頼、ご質問は「無料買取査定」専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

無料買取査定